太陽光発電システムとは?

太陽光システムを設置した際の追加設備と流れ

太陽光発電は、シリコン半導体の光電効果を利用した、太陽の光エネルギーを直接電気エネルギーに変換するしくみです。

太陽電池モジュールで作られた電気をパワーコンディショナにより家庭で利用できる電気に変換し、さまざまな家電製品に使用します。

電力発生、売電、買電すべてにおいて自動的に運転しますので、操作等の手間はかかりません。太陽電池の表面は強化ガラスで覆われており耐久性に優れています。

太陽光発電システムの構成機器

  • 太陽電池モジュール 詳しくはこちら
  • 接続箱 太陽電池からの配線を一本にまとめてインバーターに送る装置です。また太陽電池に電気が逆流したり、一度に大きな電流が流れないようにする機能をもっています。
  • パワーコンディショナー 太陽電池で発電された直流電気を、電力会社と同じ交流電気に変え、家庭用電化製品に使えるようにする装置。停電時に運転するための自立運転機能を備えているものもあります。
  • 分電盤 受電盤からの電力を建物内の電気負荷に分配します。
    太陽電池系統と商用電源系統との連系点になります。
  • 売電用メーター 電力会社に売電した電力を把握するための売電用メーター。
  • 買電用メーター 電力会社から購入するときの買電用メーター。
カラーパネル

発電量・消費電力量・売電電力量など今の電気の状態を、イラスト入りのカラフルな液晶モニタで確認

太陽光発電システムの導入をご検討する際に、ほとんどのお客様が「何を検討の基準にしたらよいのか」がはっきりとわからず、結局「有名なメーカーで金額が安い」ということで選択してしまう方が多いのが現実です。 例えば車を購入する際に、メーカーと金額だけで購入を決定してしまうでしょうか?性能、安全性や見た目など、金額以外にも検討の要素が色々とあると思います。もちろん太陽光発電システムも同じです。

太陽電池モジュールについて

太陽電池として使用できる最小の単位(セル)をつなぎ合わせ、ガラスやプラスチックで保護して、設置しやすくしたものを太陽電池パネルもしくは太陽電池モジュールと呼んでいます。皆さんが日ごろ家の屋根で見かけるのはこのパネルです。

単結晶モジュール

長州産業 単結晶Bシリーズモジュール

高効率単結晶セルを採用し、コンパクトで大出力の太陽電池モジュールを実現。
省スペース設計のため屋根の形状に合わせて最適なレイアウトが可能です。

単結晶モジュール

長州産業 単結晶Cシリーズモジュール

発電量を追求した次世代対応電池モジュール。セルの形状を正方形にすることで受光面積を増大。高い変換効率を実現しました。

台形・ハーフモジュールの導入により、様々な屋根の形状にフィットするレイアウトが可能。標準モジュールCS-220C11Sとの組み合わせで屋根のスペースを有効活用でき、発電量のアップに貢献します。

実際の設置風景

実際の設置風景1太陽光パネルを設置する位置を測定・決定します。

実際の設置風景2架台主脚を仮設置して位置を再確認。

実際の設置風景3パネル架台を屋根に取り付け防水施工。屋根裏からも補強。

実際の設置風景4パネルを設置して取り付け完了。

実際の設置風景5パネルを設置して取り付け完了。

まずは資料請求!パンフレット等をお届けします 山口県で太陽光に関するお問い合わせなら 0834-32-6550


お知らせ

太陽光システムFAQ

よく聞く3kWシステムってどういうもの?

太陽電池パネル1枚の最高出力を150Wとした場合、20枚設置すると、3000W、つまり3kWのシステムになります。…続きを読む

どちらにお住まいですか?

浜のミサンガ つながり・ぬくもりプロジェクト 山口合同ガス株式会社 長州産業株式会社

太陽